体重の変化に気を付けよう

育児中の体重の減り方は人によってさまざま。私のお母さんは妊娠中5kgしか増えず、元気な赤ちゃんを産んだら産前の体重に戻った、という強者もいます。5kgなんて赤ちゃん+羊水の重さぐらいで、きっかりすぎてビックリです。逆に私の義姉のお母さんは20kgも増えてしまい、健診の度に怒られていたとか…。ハチミツトーストにハマり、美味しくて美味しくて仕方がなくなったそうです。

私はどうなるかと思っていたら、まずつわりが酷すぎて初期に2kg減りました。安定期にはおさまってきたものの、すごい食欲が出てきたわけでもなく、ゆるゆると増えて出産時には+8kgでした。赤ちゃんが3600gと大きかったので、健診の際に助産師さんに「あなたは10kgくらいまで増やしても大丈夫。今のままだと産んだら痩せるわよ」と言われていました。

妊娠中は食欲旺盛になるという話を聞いていたせいか、自分に釘を刺していたのかもしれません。お腹のなかの赤ちゃんのために、とにかく食事は栄養のあるものを!と私は和食ばかり食べていました。魚、ひじき、筑前煮、高野豆腐、納豆、もずく、どれも妊娠中はとくにたくさん食べた食事です。

育児をしているときに、控えた方がよいのは生肉や刺身。それ以外にもいろいろあって、何かを口にする前にわざわざネットで調べたりしていたものです。この食事制限、授乳される方は育児中も続きますよ。ファイトです! 出産した次の日に体重計に乗ってみると、一気に5kg減っていました。そこから悪露がどんどん出ていき、私の体重もどんどん減って、お母さんの言葉通り産前よりも軽くなりました。

産後うつっぽくなっていたせいか食事もあまり摂れず、結局トータルで12kgも減るという…フラフラのなか我武者羅に新生児期を乗り越えました。当時の記憶はほとんどありません。体重のことはあまり気にせず、しっかり食べて体力をつけて育児に挑むのが一番だと思います。

豆類を食べておけば大丈夫

育児が始まったすぐの授乳中、先生から豆類を一品に食事加えるようにすすめられました。豆類は妊娠初期にとても需要量が高くなります。細胞分裂が活発なこの時期、豆類を摂取することで先天性奇形予防や流産の予防などをしてくれるそうです。赤ちゃんが欲しい人は妊娠前から、妊娠がわかったらすぐから、少なくとも育児5ヶ月くらいまでは飲み続けたほうがよいとのこと。私は妊娠前から育児している間、約2年近く食べ続けていました。

私が飲んでいたのは、近所のスーパーで簡単に手に入る豆類。60粒60日分で450円くらいです。他の豆類より安く、1日1粒飲むだけなのでお手軽でした。けれど、育児中はもうちょっと良いものを飲んでみたくなり、雑誌などでも紹介されている豆類を買ってみました。60粒60日分で1200円くらいだったと思います。良いものといっても、豆類を食べても体に変化があるわけではないので、実際のところわかりません。何となく、高い=良いと勝手に思っていただけなので、飲み終わったらいつもの豆類に戻りました。

育児中の食事では豆類の摂取することがすすめられているので、食べることが一番おすすめです。けれど私は豆類だけでは物足らず、この時期は食べ物や、多いとされる食材に飛びついていました。おかしいかもしれませんが、豆類のことで頭がいっぱいだった気がします。 とはいえ、豆類を過剰に摂るとよくありません。授乳に悪影響になるので決められた量を、ほどよく無理なく摂りいれてくださいね。

育児が始まり、激しい腹痛がやってきました。はじめは「すぐに収まるだろう」なんて浸っていたけれど、終わりの見えない苦しさに、私は日に日にやつれていきました…。 私の腹痛は、いわゆる船酔い・二日酔いみたいなものが一日中ありました。仕事をしていたので、朝自宅のトイレで吐いて、出勤時に途中下車して駅のトイレで吐いて、会社のトイレで吐いて、また帰りの駅で吐いて、自宅で吐いて…それはそれはツライ状態でした。

匂いもダメ。炊飯器で炊くごはんの匂いにうっぷとなり、せっかく旦那が作ってくれたトマトのロールキャベツをひと口も食べられなかったことがあります。会社はお昼をほとんどの人がデスクで食べるところだったので、腹痛でまた気持ち悪くなりました。外に出て、ファミレスのドリンクバーだけ頼んでお昼休みをやり過ごしていました。

くわえて朝から晩まで続く頭痛。これも育児ストレスらしいですが、頭痛はなかなか終わりませんでした。育児ストレスの何がキツイかというと終わりが見えないこと。このままずっと続く人もいるので、苦しくてツラくてたまらなかったです 育児半年で旦那の両親が私宛に大量のフルーツを送ってくれました。この時はフルーツが主食になっていたので、嬉しくて泣いたのを覚えています。

仕事をしている人は、上司にだけは報告して無理せず休ませてもらうこと。腹痛でツラいときは旦那や親、兄弟に助けてもらうのが良いと思います。ほとんどの人は育児が落ち着く頃に治っているので、育児中のお母さんは頑張って乗り越えてくださいね。腹痛終了後はごはんが信じられないくらい美味しくなりますよ。

ページのトップへ▲